旅や山の記録などを写真で記録(ドイツスイスの記録あり)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ:山( 31 )
2006年1月22日 雪明けの高尾山
2006年1月21日早朝〜夕方まで、東京は5年ぶりの大雪。8cm以上積雪。夜も冷え込み、積もった雪はそのままで残り、翌日大いに期待しつつ高尾へ。
高尾駅北口バスターミナルより、9:12京王バスで小仏へ。
景信山(727m)→城山→高尾→高尾山口と約6時間コースを散歩。

c0031083_13163858.jpg
木の枝に積もる雪。前夜の気温が低かったため、枝にそのまま凍り付く。午前中、太陽の光を浴びて徐々に溶けてゆく。
c0031083_13164813.jpg
細い枝にも雪が
c0031083_13165945.jpg
山頂のベンチもこの通り。
c0031083_1317874.jpg
風が吹くと枝に積もった雪がキラキラと舞い落ちてくる。
c0031083_13172241.jpg
c0031083_13173347.jpg
なめこ汁@城山山頂
c0031083_13174252.jpg
粉雪の道。ふかふかで、下山は楽し。
c0031083_13175175.jpg
午前中雲が出てしまい、富士山は見れず
c0031083_13202573.jpg
東京方面
[PR]
by shun-b | 2006-01-23 13:20 |
八ヶ岳 11/3〜5
c0031083_15163397.jpg

中岳ノコルから富士山を望む
c0031083_15165086.jpg

阿弥陀岳山頂より、南アルプス方面(前方北岳甲斐駒ヶ岳)
c0031083_15164163.jpg

赤岳へ登る。道には雪が。
c0031083_15202836.jpg

朝はテントが凍る冷え込み
c0031083_15203742.jpg

赤岳より阿弥陀岳を見る。360度見渡せる稜線歩きは楽しい。
c0031083_15183490.jpg
八ヶ岳山荘

11月3日(木):茅野駅→美濃戸口→赤岳鉱泉
11月4日(金):赤岳鉱泉→阿弥陀岳→赤岳→横岳→硫黄岳→赤岳鉱泉
11月5日(土):赤岳鉱泉→美濃戸口(八ヶ岳山荘)→茅野駅
温泉/八ヶ岳山荘 500円
テント場/赤岳鉱泉 1000円(トイレがきれいだったので納得)

(11/3-5 K単独行)
[PR]
by shun-b | 2005-11-08 15:22 |
南アルプス 鳳凰三山まとめ
登山日:2005年9月17日18日19日/天気は3日とも晴天
コースと食事:
1日目:甲府(中央本線)〜夜叉神峠〜南御室小屋
食事:朝 おにぎり/夜 ビールと生姜焼きとごはん

2日目:南御室小屋〜薬師岳〜観音岳〜地蔵岳〜鳳凰小屋
食事:朝 アベックラーメンとお餅/昼 おかし/夜 ビールと麻婆春雨(永谷園)とごはんとシャケの中骨

3日目:鳳凰小屋〜燕頭山〜御座石鉱泉(温泉)〜韮崎(中央本線)
食事:朝 醤油ラーメンとお餅ともも缶

食事メモ:
熊本ラーメン(アベックラーメン)を山で食べたら、すごくおいしかった。
麻婆春雨もおいしかった。
どらえもんブッセは中身がボロボロになるので失敗。
チョコパイもチョコだけがきれいにはがれて失敗。
c0031083_17491617.jpg
[PR]
by shun-b | 2005-10-05 17:53 |
3日目 鳳凰小屋→燕頭山→御座石鉱泉へ下山
c0031083_11475134.jpg

当初青木鉱泉への下山を考えていたが、よく晴れていたので、眺めの良い御坐石鉱泉コースを選ぶ。鳳凰小屋を出てすぐ、展望場所より。
後方にうっすら見えているのが富士山。
c0031083_11465120.jpg

八ヶ岳

メモ:
途中の下りが急すぎて、足を痛めた。御座石鉱泉の温泉は一人1700円と少し高め。
帰りのバス(御座石鉱泉→韮崎)は1300円と荷物代200円也。
[PR]
by shun-b | 2005-09-30 11:52 |
2日目 地蔵岳オベリスク 山頂 △2764
c0031083_102430100.jpg

鳳凰三山、三つ目の山、地蔵岳に到着。奥に見えるのが、地蔵岳オベリスク。
オベリスクとは高くて長い一枚岩の記念碑のこと
c0031083_10251130.jpg

山頂にはたくさんのお地蔵様が祀られている
c0031083_10233080.jpg

オベリスクから見た甲斐駒ケ岳。
c0031083_10245074.jpg
オベリスクに登っている人。ロープ一本で足場もなく、手の力だけで登らなくてはいけない。
[PR]
by shun-b | 2005-09-29 10:32 |
2日目 観音岳山頂 △2840
c0031083_20133011.jpg

薬師岳〜観音岳までの道のり:砂利道と砂道 &岩
c0031083_20145095.jpg

観音岳山頂から後方。富士山が見える。稜線歩きの跡。
c0031083_20135233.jpg


観音岳山頂から見える神々しい山々。空気が澄んで、とても気持ちがいい。
[PR]
by shun-b | 2005-09-27 20:18 |
2日目 薬師岳山頂 △2780
c0031083_12133629.jpg

薬師岳小屋 朝、登山者が去った後
c0031083_12125068.jpg

薬師岳山頂から
c0031083_12124032.jpg

薬師岳山頂からの北岳(日本で二番目に高い山 △3192)
手前の白い砂部分を通ってきた。
c0031083_12132630.jpg

北岳バットレス
[PR]
by shun-b | 2005-09-26 12:17 |
2日目:富士山を望む
c0031083_1043390.jpg

2日目も晴天。南御室小屋→薬師岳へ向かう途中富士山を望む。
[PR]
by shun-b | 2005-09-22 10:07 |
1日目:甲府→夜叉神峠→南御室小屋
南アルプス鳳凰三山2泊3日。
1日目:甲府→夜叉神 バスで1時間10分、1370円/1人。
c0031083_1373677.jpg

夜叉神峠(やしゃじん)  標高1770m
c0031083_1364485.jpg

夜叉神から南御室までの道は、コケがびっしり。
c0031083_138012.jpg

[PR]
by shun-b | 2005-09-21 13:12 |
鳳凰三山へ
この3連休で南アルプスの鳳凰三山へ。
薬師岳、観音岳、地蔵岳の願掛け登山。
余裕をもっての、尾根歩きらくちん登山の予定だったのだが・・・

今回の学んだ事。
足先が痛かったら、靴の紐を結び直すこと。
[PR]
by shun-b | 2005-09-20 14:53 |